旧常識的に考えたは10/16をもって更新停止しました。
リンクの変更・RSSの変更・ブックマークの変更などよろしくおねがいします。
移転先の常識的に考えたはこちらになります。


スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国「人工雨」の危険度





1 名前: 側室(おたべ)[] 投稿日:2008/04/23(水) 18:02:31.09 ID:oij4S/760 ?BRZ(11685) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/folder3_01.gif

化学薬品入りロケットで雨雲撃墜…中国人工雨の危険度
北京五輪プレ大会で実験成功

 20日に北京で行われたマラソン五輪プレ大会で、選手を悩ませた大雨は、実は当局が人工的に
降らせたものだった。詳細な気象データを一切公表しない中国だが、化学薬品入りロケットを
上空に打ち込んで「人工雨」を降らせ、雲自体を蹴散らす仰天計画に成功したという。
とはいえ、実際に人工雨を浴びたランナーのユニホームは、空気中の汚染物質も同時にかぶり、
ドス黒く変色してしまった。軍事的にも大きな意味を持つとされる人工雨。平和の祭典の裏で、
中国の恐怖の計画が進行している!?

(中略)

 「死の灰」とまではいかないが、危険性も高い。「一般的に、人工雨ロケットを作る際に必要とされる
『ヨウ化銀』は、吸い込むと鼻やノドが激しく刺激され、飲み込めば胃痛、下痢、嘔吐があるといわれます。
しかし、実際に人体への影響を正確に調べたデータは存在しないため、強烈な北京の汚染大気にまみれた
人工雨の危険性はまったく未知数」という。

(中略)

 「天候のコントロールを目論みつつ、気象に関するさまざまな情報を秘匿する中国の真の狙いは、
やはり軍事戦略もあるでしょう。気象は重要な軍事情報ですし、制御できれば、優位性は一気に高まります。
現時点での応用は現実的ではありませんが、五輪で成果を発揮できれば、世界の耳目を集めるのは明らかです」

 中国は五輪開会式の数日前から雨を降らせ、当日は快晴にすることも画策しているとされる。
森田氏は「1回の人工雨でも、数億円の経費がかかります。開会式が行われる8月8日の北京の降水確率は47%。
事前の人工雨によって、“消雨”に成功すれば、中国の実力は本物」とみている。

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_04/t2008042301_all.html


ドラえもん(10)

次の記事 前の記事
« 【光市死刑判決】 産経「当然の判決」 読売「まあ妥当」 毎日「死刑が増える」 朝日「マスコミのせいだ」 MSN&yahoo「二次元ポルノ規制しようとした俺達でも青少年ネット規正法は無いと思うわw」 »


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jyoushiki.blog43.fc2.com/tb.php/133-43e0a8c0

ブログパーツ

|Top|

HOME

フォード

Author:フォード
10/14
★告知★
ライブドアへ移転します。
10/16をもって、こちらのブログは
更新停止します。



現在の閲覧者数:

データ取得中...

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ

この日記のはてなブックマーク数+50

フィードメーター - 常識的に考えた

あわせて読みたいブログパーツ

相互リンク申請中のサイトは 頭に○をつけております

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。